Y染色体が消える?NHK 女と男

男(Y染色体)が消えるという話をしていたが、
根拠は単に、Y染色体が、これまで退化し続けていたからだという
しかしそれは根拠になっていない

適応的に考えれば、♂を規定するために必要な最小の遺伝子があれば十分なのだから
退化(縮小)するのは全く問題ない。
コピーの過程でミスがあると修復されないから消滅するという話もあったがそれもおかしい。
もしそれが必要な機能であれば、破壊された遺伝子を持つ個体は淘汰されるから
いつまでたっても滅び去ることはない。個人的にはヒトが滅びることを悪いとは思わないが
生殖技術でY染色体なしでの新しい種を確立するにせよ、放置して淘汰に任せるにせよ
Y染色体の変異の結果として人類が滅亡するなんてありえない話だ。
それよりも環境破壊、天変地異や戦争で滅びる確率の方が遥かに高いだろう

トゲネズミはSRYが無くても生きている
http://www.biological-j.net/blog/2008/01/000366.html

あとヒトの精子の質が悪くなってきているから心配という話もあったが、これもおかしい
質が悪いヒトでも子供を残せるくらいヒトは圧倒的に生存能力が高い社会であるというだけの話だ
本来、そうしたヒトが淘汰されれば、もっとヒトの個体数も減って良いのだが
科学技術と福祉が発達し、少子高齢化が進展する豊かな国(例えばデンマークや日本)ほど淘汰が働かないことになる
これは将来を心配すべきことと言うよりも、ヒトでも生き延びているというだけの話
社会が変化すれば、自然に駄目な精子の人間が淘汰されるだけだ

またフィンランドのデータでの急激な変化の話もあったが、環境要因のせいだとしたら
都市に住む人々が減少するほど環境への負荷が減るので、逆に生態系と人類が生き延びる上では望ましい

体外受精など科学技術の進歩も悪くは無いが、コストばかりかかって劣等な遺伝子を残すことになり
個人的には非常に有害な印象がある。劣等な遺伝子を持つ個体は淘汰されるのが自然ではあるが
デンマークのように生殖医療によって人為的に人口を維持しようとする試みは続くだろう。
そんなに人口を維持したければアフリカなど途上国の貧困な子供を養子にすれば良いのに、
ヒトのエゴというのは困ったものだ。。
まあ同性愛カップルでも金させあれば子供が持てるというのも悪くは無いか。

まあ番組の情報を正しく理解すれば、とりあえず全く心配がないどころか自然には
ヒトを減らすための適切なメカニズムを持っていることで安心感を生み出すような気がする

広告
カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中