非正規増 沸騰都市 子どもの貧困

*実は今回も正規雇用者が減少し非正規が増加していた!

マスコミの論調も今後はさらに厳しい現実を反映していくことになる。 赤字国債を使った景気刺激によるインフレリスクが本格化するのは2010年半ば頃か

 http://www.nli-research.co.jp/report/econo_letter/2008/we090327.html
 今回の景気後退局面では、比較的調整を行いやすい非正規労働者を中心に雇用調整が始まったという見方が多いが、実態としては過去の後退局面と同様に正規雇用の削減がまず行われている。
 先行きについては、正規、非正規にかかわらず雇用調整が本格化する公算が大きいが、新卒採用の抑制などを通じて、人件費抑制効果の高い正規労働者に重点を置いた雇用調整が続く可能性も

NHK沸騰都市その後

金融恐慌のダメージが世界中に広がり、外国人労働者や投資家が悲惨な状況になっているのはもちろん、
インドの一般社会にもそろそろ悪影響が出つつあるようだ。
どこから、どういうパターンで復活していくのか、はたまた、さらに沈んでいくのはどこか
底を狙って手薬煉引いて機会を狙っている世界中の投資家も多いようだ
それがわかれば大金持ちになれるのだろうが、まあ簡単ではない

子どもの貧困対策がOECDの中では格段に遅れているようだ

しかしなぜかアクセスできなくなっている
http://www.ipss.go.jp/
国立社会保障人口問題研究所

http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51176910.html
http://www.unicef.org/media/files/ChildPovertyReport.pdf
http://oshika.u-shizuoka-ken.ac.jp/outline/research/001/upimg/19w8.pdf

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中