高速道路無料化

高速道路は、元々、建設コストを回収後には無料化するものですが、地方政治家(住人&企業)の圧力で不要な道路が不必要に高いコストで作られてしまったため、回収不可能な現状ですね。
今後、このように都市住民の税金を盗んで無駄な自然破壊を行うことを防ぐためには、1票の格差を無くし(最高裁判事の弾劾http://www.ne.jp/asahi/ippyou/kakusa/)、厳しく監視していくことが必要なのは言うまでもありません。
が、一度作ってしまったものは仕方がないので、できるだけ効果的に使うのがベストですから、交通量の少ない地方に関しては早期に完全無料化するのが良いでしょう。
ただし高速道路が一般道と同じように渋滞するようになるのは物流的にも非効率的で資源の浪費だけでなく自然環境にも良くないので、都市近郊や東名高速などでは渋滞を発生しない程度の金額で有料を継続するのが妥当でしょう。
あとメンテ費用にはガソリン税を使えばよいでしょう。というかガソリン税は既存の道路のメンテと炭素排出抑制のための環境保護に限定し、新たな道路建設には一般財源を審議の上使うようにすれば厳しい監視が可能になりますし、将来的に道州制などで地方へ財源を移管した後は道路建設は地方が決定すればよいでしょう。
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/comment?date=20090816#c
広告
カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中