リフレ派vs日銀

リフレ派(民主の一部、みんなの党、勝間etc.)の共通認識は
1、日銀が無制限に国債を購入し、政府が無制限に財政出動をすれば、必ずインフレ
になる(バーナンキの背理法+インフレパスの存在を仮定?)。
2、生じたインフレは金利や増税で制御可能である
=>日銀は買え、政府は財
政出動せよ

それに対して日銀(白川総裁?)の立場は
1、財政出動なしにインフレへのパスが連続的である可能性が低い
 単
なる国債購入は貸出増加に結びつかず、円キャリー等バブル投機の要因
 財政出動が加わっても連続的にインフレにはならず必ずハイパーインフレにな

2、これは日銀・政府には制御不可能
=>緩和的な環境を維持しつつ、規制改革、産業構造改革が重要
http://www.boj.or.jp/type/press/kaiken07/kk1002b.pdf

まあ、程度の違いは
あれ、どちらも基本的には
 緩和的な環境の維持
 適切な財政支出
 規制や産業構造改革
を志向しているので、それほど大き
な間違いには至らない印象ですね。

政治的には前者が強く、拡張的財政を続けるとすると、国際経済が改善した後での、資源高&投機的な円売
りによって、インフレリスクを国民が強く認識し、より問題が早く明確化して良いかもしれません。

勝間和代氏の落第答案

白川日銀は「デフレ誘導」:FACTA online

Liquidation_Cycles.pdf


たり前の話として日銀に国債を買ってもらうだけではインフレにはならない。
円キャリーで海外のバブル発生と破綻を引き起こし、もっと状況が悪く
なるだけ。
本当に必要で効果的な財政支出(都市老朽インフラ整備、地震対策・・)と無駄の削除、既得権者保護の規制撤廃を行い、人々の投資や購買
意欲を高める等で、国内での資金需要を増やす政策が必要不可欠。
http://www.asyura2.com/10/hasan67/msg/307.html

http://www.fukoku-life.co.jp/economic-information/report/download/report_VOL200_2.pdf
jaew_100219.pdf (application/pdf
Fx_strategy_100219.pdf (application/pdf
地獄はこれから米「商業用不動産」:FACTA online

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中