法人税0特区構想

関空など利用率が低い国際空港から半径10km以内を特区として そこで新たに雇用した場合、その人が払った所得税を法人税から差し引くことを可能にする。日本に移住して納税する外国人も当然、対象にする。 多くの給料を払う海外金融業や大企業の本社設置にとって、それは非常に魅力的な選択になるだろう エリート富裕層の増加で、シンガポールのような消費&先端文化拡大、そして劇的な住宅・食・教育などでの2次的雇用の増大が期待できる

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

法人税0特区構想 への1件のフィードバック

  1. tkhs5 より:

    中国からの富裕層投資移民を受け入れるのも良い
    https://www.blwisdom.com/vp/print/china/china25.shtml
    カナダは先進国としては比較的移民申請の条件が緩いことから申請が急増している。カナダ連邦移民局によると、2009年の投資移民受け入れ枠は 2055人で、うち中国大陸居住者が約1000人を占め、対前年で約2倍になった。あまりの急増ぶりにカナダ連邦当局は今年6月、投資移民の新たな申請受付を一時停止。再開時期は今のところ未定だが、移民希望者が増えたため、投資移民の申請が可能になる最低投資額の下限を引き上げるための「値上げ」準備との声がもっぱらだ。必要な資産額、投資額ともに現行の2倍程度に引き上げられるとの見方が出ている。

     シンガポールも中国からの移民申請が多い国のひとつだ。しかしここでも2010年1月以降の申請者から、移民申請に必要な最低投資金額を現行の150万シンガポールドル(1シンガポールドルは63円)から250万同ドルに引き上げることを発表している。いずれにせよ、各国の当局が相次いで申請のハードルの引き上げに走るほど、中国からの移民申請が急増していることを意味している。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中