江戸時代に学ぶ

江戸時代のリサイクル社会に学ぶというのは、
今後の資源枯渇を前提とすれば、
方向性としては間違いなく主流になっていくだろう

ナンバーーワンや自分探しへの拘りや個性主義幻想を捨て
ワークシェアによる雇用保障と時間確保、
24時間営業など無駄な過剰サービスを拝し、
そこそこの満足度だが
効率的で低コストで
誰もが享受できるサービス産業への転換(小売、医療、教育・・)
そのための教育・生産性向上投資の充実などが
今後のキーワードになっていくだろう

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中