来春の大学入試 理系離れ「歯止め」 ノーベル賞効果? 志願者増

最近の研究で、理系の所得の方が文系よりも実は高いことがわかったのが大きい。

昔は文系大卒は自動的に大企業の管理職になれたが、最近の文系での正社員就職率の低下、管理職ポストの減少、一方で理系は比較的正社員就職が容易であるのせいだろう。

これまでも何人もノーベル賞はとってきたのだから、その効果ではないことは明らかだ。

http://news.goo.ne.jp/article/sankei/life/snk20101030112.html

2010年10月30日(土)08:00

来春の大学入試で理系志望の受験生が増加していることが、大手予備校の志望校調査で分かった。10年ほど前から子供たちの理系離れが進み、ものづ くり大国・日本の将来が危ぶまれていたが、近年の日本人科学者のノーベル賞受賞ラッシュなどを追い風に理系人気が回復。「理系離れに歯止めがかかった」と みる専門家もいる。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中