賃貸派に“住宅難民”リスク 借りられない高齢者

確かに貧困高齢者は賃貸を借りにくくなっていくが

賃貸物件が減るのが心配だというのは間違っている

人口が減って物件が余っているわけだから、逆に、今後は、保証人不要物件、しかもRCなどが、どんどん格安で提供されてくると見る方が正しいだろう

http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20101115/217103/

「持ち家を敬遠する背景には様々な要因があるが、住宅を所有する世帯は今後着実に減っていくのは間違いない。ところが、その一方で起きているのが、賃貸住宅探しに苦労する高齢者の増加なのである。

賃貸派の多くは、減り続ける人口に対して現状の住宅物件が過剰になるとの判断から、今後も借り続けようという行動に走っている。ところが、現状の賃貸物 件が将来も存続するとは限らない。賃貸収入が減って採算が割れれば、大家も破綻するしかなく、マーケットの縮小とともに賃貸物件の数もどんどん減っていく からだ。」

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中