尖閣諸島の領土問題

 
中国が本格的に尖閣に侵攻してきて、仮に日米安保が機能しない場合、尖閣を中国に差し出すのが、核を持たず、平和ボケした日本にとって現実的な選択でしょう。
尖閣を失っても、人口減少が続く日本にとって、資源採掘を自主規制し、台湾の漁業権を大幅に認めている現状では、実質的なダメージはほとんどありません。

日米安保(米国)が安全保障において助けにならないことがわかって初めて、日本人も、自主防衛に本気になり、核ミサイルの開発を認めることになると思います。
その場合、海外諸国も、その動きに反対することは難しいでしょう。
http://kazuyahkd.com/archives/866#comment-5140

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中